斎藤スポーツ鍼灸院

はり・きゅう治療と運動療法

斎藤スポーツ鍼灸院

熊谷駅南口より徒歩5分
厚生労働大臣免許第175794・176048号
保健所認可施術所

consultation

analysis

plan

根拠に基づく鍼灸療法と
3つのパーソナルプロセス

日本の鍼灸療法の特質は、伝統医学から現代西洋医学まで様々な理論や技術を取り込んだ多様性にあります。
まだまだ謎の多い分野ですが、鍼灸治療の研究は国内外の様々な研究所、医療機関、大学などで積極的に進められていて、特にアメリカやイギリス、ドイツをはじめとする欧米諸国では日本よりも注目されています。

当院はこれらの研究結果を受け止め、
しつこい張り感、慢性的な痛み、手・足のしびれ、スポーツ障害などの運動器疾患の治療から、イライラ、疲労感、不安などの自律神経失調による不定愁訴のコントロールなどを主な目的に鍼灸療法を行っております。

3段階の工程を踏むことにより患者様自身もお体の状態の理解が深まり、日常生活や練習・トレーニングの意識が向上します。

下記リンク「施術の流れ」をご確認ください。

”現場”の声に耳を傾ける。

熊谷コサカボクシングジムのトレーニング・コンディショニングコーチとして活動する中で大切にしていることです。

スポーツ障害の痛み/機能障害など現場を知ることで本当に見えてくる事が多々あります。
練習内容・トレーニング環境を理解して鍼灸療法に反映させています。