斎藤スポーツ鍼灸院

About

私について

院長 斎藤 健太

鍼灸師
熊谷コサカボクシングジム トレーニング・コンディショニングコーチ
(日本プロボクシングセコンドライセンス)

1992年 埼玉県深谷市川本生まれ。
高校入学時にボクシングを始め、公式戦最後となった全国大会では全国区との実力差を思い知り、国体予選は怪我で辞退したりなど、3年生の時は特に悔しい思いをしました。しかし、陰で人を支える側にも興味を持つきっかけになった年でもありました。
私はスポーツ障害から鍼灸治療に興味を持ちましたが、慢性的な痛み、疲労、片頭痛、便秘、肩こり、腰痛、坐骨神経痛、不安、イライラ、といった自律神経のコントロールに鍼灸を加えると症状の改善がよくみられることが国内外の研究で分かってきている事を知り、私も様々な症状で困っている方達を鍼灸治療で支えたいと思い鍼灸師になる事を志しました。

2017年鍼灸師免許取得。
クルーズ船乗船鍼灸師(マイアミ〜カリブ海周遊クルーズ)、鍼灸整骨院、通所リハビリテーション勤務を経て2021年開業。

運動歴:空手 陸上競技 ボクシング
趣味は映画鑑賞、旅行、アウトドア全般です。

ボクシングと鍼灸治療

「ここが痛いです。」と訴えがあった時、私達は”患部の痛み(物理的な痛み)”とそれによる”辛い状況”である事も汲みとらなければならないと考えています。

それは単に痛みとしてではなく、練習、試合へのモチベーション、日常生活等の質を低下させてしまう事を意味するからです。どのようにして主訴が起こったのか、次の試合までを逆算し何ができるか、今後繰り返さないためには何が必要なのか、心に寄り添って手あてを行います。

怪我の回復の過程では血液(栄養)の供給が必要不可欠になります。
また足の捻挫など、靭帯(膠原線維)は筋肉よりも栄養血管が乏しいため、靭帯損傷のケースにも鍼灸療法の効果が期待でき、継続して鍼灸治療を行う事で主訴の改善に導きます。

ボクシングなどの階級制競技では減量中による食事制限や体重コントロールで心身ともにストレスがかかり、免疫機能を低下させ体調を崩すリスクがあります。
減量中のストレスや風邪予防(白血球数を増やす強心作用といいます)に対して鍼灸治療を包括的に組み込み、心身ともに最高の状態で試合を迎えられるようサポートを行います。

フィリピン×鍼灸×ボクシング

母がフィリピン人である事もあり、私にとってフィリピンは慣れ親しみのある特別な国の1つです。
フィリピンには常夏の美しい大自然や高級リゾートがある反面、様々な理由で必要な医療を受けられない人たちがたくさんいます。この状況は日本とは比べものにならないほどです。
「医療や物資を与えるだけでなく、現地の人が自立して行える方法も必要。」ボランティア活動を行っている恩師の言葉です。
私も微力ながら、フィリピンにも自生しているよもぎからもぐさを製成、自立して行える健康法として”OKYU(お灸)”を広める活動を小さな楽しみとして行っています。

プロボクシング史上2人目の6階級制覇王者を成し遂げたマニー・パッキャオ氏をはじめ、ボクシングはフィリピンで人気のスポーツです。
フィリピンでトレーニングを行う際の帯同トレーナーとして参加します。
新型コロナウイルス感染症(covid-19)流行などの影響で次回は未定です。